南丹市の園部町にある園部本町商店街。
ちょうど下校時間だったためか、高校生や中学生が多く歩いていました。
この日はきょうと子育て応援施設の取り組みについてお話をお伺いするためにお邪魔しました。お話をお伺いしたのは、田中会長、北村さんのお二人。
田中会長は精肉店、北村さんは写真館を営んでおられます。
とくに田中会長のお店は100年ほどの歴史があるそうですよ。もともとこの周辺は「園部城の近くで城下町として栄えていた」そうで、歴史あるお店も多いとのこと。
今回、取り組みに御協力いただいたきっかけをお伺いすると「これまでも、子育て中の方が来られたら、お店としてもできる範囲で助けていましたよ」と田中会長。さらに、「昔はお年寄りの方が多かったですが、今では半々くらいですね」と北村さん。こういった、子育て家庭の皆さんへの応援がきっかけで、若い方も増えているのかもしれませんね!
実はこの商店街、周辺の住宅では高齢化が進んでいるそうで、若い方は少し離れた場所から車等で来られるそうです。商店街は若いお客さんが少ないと、よく言われますが、少し離れた場所からも来られるというのは魅力がある証拠ですね。
最後に、きょうと子育て応援施設の期間終了後も続けていただけるかお伺いしようとしたのですが、田中さんの方から「モデル実施期間後も続けて良いのですか?」とのお話が。「もちろんです」とお答えしました!本当にありがたいお話です!
お近くにお住まいの方、また近くに来られた方は、ぜひ一度、園部本町繁栄会さんへ足を運んでみてはいかがでしょうか?

※園部本町繁栄会の「きょうと子育て応援施設」は以下のホームページからご確認ください。
https://pref-kyoto-kodomohagukumu.jp/ouen_spot/