お子さんは集中力がありますか?自分の方に来たボールを受け取ることは出来ますか?
漢字を覚えたりするのが苦手ではありませんか?

プロのスポーツ選手では当たり前のビジョントレーニング。視力ではなく見え方の訓練をすることで視力回復のトレーニングではありません。
【見る力】と【視力】は違うと言うことから、子どもたちの可能性を広げママたちのお悩みに寄り添ってくれる学校があります。
正しく見る力が育つことで『集中できる目』『理解できる目』が身につき、目だけでなく、脳やからだに新しく理想的な習慣を身につけ柔軟に【思考する】土台作りができるのです。

目の学校京都桂川校は、イオンモール桂川の向かいにあります。JRの桂川駅からも徒歩5分の立地の良さ。清潔感のあるお部屋の中に入るとカラフルなマット、色々な遊具のようなものや、一見おもちゃのように見える教材が目に飛び込んできて、塾でお勉強をするような雰囲気でも、病院のように何かされそうな雰囲気でもなく、子どもたちの緊張感をほぐしてくれる様子がわかります。

「どうしてうちの子は?」そう思ってるママの疑問が子どもたちの目がうまく使えてないだけだとしたら、一度話だけでも聞いて見て、体験して見る価値はありますね。

私自身、どうしてうちの子は字を書くときにこんなに斜めにノートを傾けて書くんだろうと不思議に思っていたことが解消されてとてもスッキリしましたよ!

子育て応援パスポートを提示されると「家庭でもできるビジョントレーニンググッズをプレゼント」!

協賛店舗情報https://mamop.jp/20170328/102220