農村の冬の副業として暮らしを支えた紙漉き。手漉き和紙ブランドの「丹後二俣紙」や「黒谷和紙」の生産技術は京都府指定無形文化財になっています。和紙の生産用具や製品を展示し、和紙と生きる人びとのあゆみとゆくえを探ります。